オンラインショップについて

インターネット通販について

最近のパソコンやスマホの普及にともない、商品やサービスの売り上げに対するインターネット通販の割合が上昇しています。

例えば、日本市場で小売業界をけん引してきた百貨店の売上合計(6兆円)は、2017年に大手通販サイト3社(アマゾン・楽天・ヤフー)の売上合計(6兆7000億円)に初めて抜かれました。

このような背景から、実店舗しかなかった企業もネット通販に取り組み、ネット通販の需要も取り込もうと努力している企業も増えています。

最近では手軽にネット通販を始められる事もあり、小規模事業者や個人経営の方の中には、オンラインショップを開設される方も出てきています。

 

インターネット通販の利点

簡単にネット通販のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

まずは実店舗と簡単な比較です。

 

実店舗

ネット通販

初期費用

土地・建物等の費用が必要

安価に始められる

開店まで

準備期間が長い

商品があればすぐにでも

営業時間

基本的には昼間のみ

24時間365日受付

販売対象

周辺地域のみ

国内全域(英語表記等すればネット環境のある全世界)

 

実店舗と比較すると常駐の店舗スタッフを置かなくてもよくなるため、固定費である人件費も安く抑えられ、在庫管理もデータでタイムリーに把握できるので容易になります。

しかし、デメリットとしては実物を見て商品確認が出来ない・振込確認や配送の手間が必要・購入者が悪質な場合は料金が支払われない、キャンセルされる等の可能性もあります。

また、ネット通販だと販売対象が多くなると同時に競合相手も多くなり、売上が単純に増えるわけではありません。売上を増やすためには継続してSEO対策等をしなければなりませんので、手軽に始められる反面、売上を伸ばそうとすると相応の手間がかかります。

ネットショップ開設を検討したときに、成功のポイントとなるのは、「販売商品に特徴があるか」「他社商品と差別化」出来ているかが重要です。

 

オンラインショップの開設

先程、手軽に始められると書きました。

一から自分でインターネット通販用のページ・フォーム等を作成するとなると、かなりの手間・知識・費用等がかかります。

しかし、現在はネット上にあるインターネット通販開設用サイトを利用すると初期設定等の登録のみで早ければ数分で作成する事が可能です。

料金は初期費用・月額費用等は無料が多く、手数料と有料オプションが主な費用になります。

手数料はサイトによって多少差がありますが、大体決済毎の6~10%前後程が多いです。

「安価に始められる」「毎月決まった維持費は必要ない」という点を考えると、このようなサイトの利用が一番手軽かと思います。

但し、そのようなサイトを利用する場合、最初は集客が難しい可能性が高いので、事前に会社紹介等のHPを作成し、そこからリンクを貼る・リスティング広告等の広告を使って宣伝する等の必要があります。

弊社ではネットショップ開設の代行等も行っていますので、興味が有る方はぜひご連絡を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL