レスポンシブとは

最近はレスポンシブ化とかレスポンシブ対応とかレスポンシブ(Web)デザインなんて言葉を見たり聞いたりする機会が多くありませんか?

言葉は知っていても、仕組みまではよく分からななんて人も居るかもしれません。

今からもっと増えるであろう物なので、簡単に概要を説明します。

最近ではスマホやタブレットが普及し、PCよりスマホ等でネットを見る人も増えてきました。

若い世代では、スマホの使用時間がPCより長くなっています。

以前より大きくなってきたといはいえ、それでもスマホの画面はPCのディスプレイと比べると小さいです。

PC用のwebサイトをスマホで見ると縦横への移動が大変、スマホ用のデザインのサイトを用意すると手間が倍かかる。

そこで最近増えてきたのが、レスボンシブwebデザインです。

これは、画面の大きさを自動で判断し、それに合わせてページのサイズを調整して基本は縦スクロールのみで閲覧できるようにした物です。

下記が弊社のHPのPC版とスマホ版になります。このように自動でサイズを変更して見やすく表示します。

 

これを利用する事により作成する側は複数のサイトを用意する必要もなく管理が楽になり、閲覧する側も画面に有った物なので読みやすくなります。

ただ、一見するととても良さそうですが…やはりデメリットも有ります。

PCと同じサイトをカットして表示するので、読み込み自体はPC分と同じ情報料になり、重くなったりする可能性はあります。

また、表示サイズが端末毎に違うので、サイズによったらデザインが崩れたりする場合もあるかもしれません。それを考慮して作成する必要もあります。

スマホ対応の別のサイトを作るかレスポンシブ化するか、これはサイトのデザインや内容、更新頻度にもよって変わると思います。

どちらにしても最近は殆どのサイトがスマホ等からのアクセスが多いので、その人達が見やすい物を考えないといけません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL