広告キーワードの設定の大切さ

調べものをする時

 みなさん、調べものはいつもどのようにされていますか?

 人に聞いてみたり、図書館に行かれる方もいらっしゃると思いますが、最近はスマートフォンの普及に伴い、「知りたいことやわからないことは、まずインターネットで調べる」という方が9割を超えているという調査結果が出ています。(IMJBC調査による)

 インターネットで調べる場合、GoogleやYahoo!といったサーチエンジンの検索窓にキーワードを入力して探されると思いますが、キーワードが少ないと本当に必要な情報を探すまでに時間がかかります。そこで、知りたい情報を素早く見つけるためにキーワードを複数個入力されませんか?例えば、女性に革の長財布をプレゼントしたいと思い、調べるのであれば、「女性用 長財布 プレゼント」で検索しますよね。

広告キーワードの設定

 広告キーワードの設定もこの点は同様で、キーワードを絞らなければ広告の表示回数は多くなります。しかし、これが果たして効果的な広告になるのでしょうか?

 答えは、「No」です。

 なぜなら、広告は多く表示されますが、その広告を見る人が御社のターゲットとしていない人の可能性が高くなるからです。例えば、御社が「女性用の革の長財布」を販売している会社だとしますと、上で述べた人に商品を広告したい場合「財布」だけ広告キーワードに設定していると、男性用や子供用の財布を探している人にも広告が表示されてしまいます。

 さらに、インターネット広告は①支払い単価②広告内容とリンク先HPの適合という2点の要素を表示の判断基準としているので、上の例では支払い単価を高く設定しなければ表示されなくなってしまいます。

広告キーワードの最適化

 そこで、広告の効果を高めるためには宣伝したい内容で細かくキーワード設定をすることが大切になります。そうすることで、調べものをしている人にとってはその目的に合致する内容の広告が表示されることになるので、クリックされる可能性が高くなります。

 また、この取り組みを実施することで、広告内容とリンク先HPの適合度を向上させる効果があるので、広告の支払い単価を下げることができるというメリットもあります。

 よって、キーワード設定をする時は、その選定や見極めがとても重要になります。弊社では専門のWebツールを活用して、広告キーワードの最適化もサービスとしてさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL