広告対象を絞る仕組み

最近の広告は全体にではなく、該当者のみに表示する物も増えてきました。

その方法の幾つかを紹介します。

 

・検索単語で指定

広告に関連する単語を予め決めておいて、その単語で検索した時に表示します。

除外単語の設定等をすればより精度を上げられます。

 

・サイトやコンテンツ毎に指定

閲覧者の対象がある程度絞られるサイトの場合、それに応じた広告が表示されます。

もっと細かくサイト内のコンテンツ毎でも行われています。

 

・閲覧履歴から推測

Cookie(自動で記録されるサイトの訪問履歴)を利用し、その履歴から関心が有りそうな広告が表示されます。

同じような広告が続けて表示される時は、この可能性が高いかと思います。

 

・訪問履歴を利用

一度訪れたサイトに関連する広告を改めて表示します。

何度も表示されるので印象に残りやすいです。

 

・登録情報等を利用

GoogleアカウントやFacebookの登録情報を利用し、性別・年齢・地域等に応じて該当する広告を表示します。

GPS履歴や検索履歴等からもある程度人物像を推測される事もあります。

 

このような方法を利用し、広告の対象者に効果的に宣伝出来るように配信される物が増えてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL