チャットボット

 多くの中小企業・小規模事業者等のみなさまが、問い合わせへの対応に負担を感じています。特にコロナ禍の中、非対面での対応が求められ、労働力不足が叫ばれる昨今、こうした負担が企業に重くのしかかっています。

 そこで当社は、人事総務部門や製品保守・社内システム管理部門など、問い合わせに対する「FAQ業務」に特化し、運用部門の事前準備コストと維持管理コストの削減を支援する「FAQチャットボット」を提供します。これにより、問い合わせ業務の負担を解消できます。さらには、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートします。
尚、当社のチャットボットは、従来チャットボットの利用開始時に必要とされるFAQデータが少量であっても、利用を開始できる独自の機能とアプリを有しています。さらに、チャットボットを使い続けることで、搭載されたAIにより回答精度が上がるため、導入後も質問者への回答提供時間を短縮できます。これにより、問い合わせ対応者だけでなく、質問者の業務効率の向上も可能にします。

特長

1.FAQ作成支援アプリと機能

 チャットボットを使いながら、FAQを作成可能です。事前準備の工数を大幅に削減し、短期間で利用開始できるとともに、運用開始後のメンテナンス負荷も軽減できます。

2.回答/質問整理支援機能

 AIが回答や質問を整理する機能により、メンテナンスの負荷を軽減します。
(同一のFAQが複数登録されている場合に、1つに統合するための支援機能を搭載)

3.振り分け支援機能

 複数部署が関わる問い合わせのFAQ整備を、チャットボットの振り分け支援機能がサポートします。

導入効果

1.「人事総務部門」での課題を解決

 就業時間の30%※近くを占める電話による「問い合わせ」への対応の負担を軽減します。

※当社の事例による想定
・就業時間中1時間に4~5回の問い合わせ電話
・平均して3~5分程度の対応時間

2.「製品保守・社内システム管理部門」での課題を解決

 技術伝承が難しい、専門的な「問い合わせ」に関わる対応業務の効率化を支援します。

料金

1.クラウド版

商品概要
初期費用クラウドにチャットボットシステムを構築し、お客さま情報をセットアップします600,000円/月
利用料月額利用料金です
※FAQ登録数により変動
200,000円~/月

2.オンプレミス版

商品概要
初期費用指定いただいた環境にチャットボットシステムを構築し、お客さま情報をセットアップします。2,000,000円/月
利用料月額利用料金です
※FAQ登録数により変動
200,000円~/月

※「AIプラス チャットボット案内サービス」の月額費用はサブスクリプションによる年間契約となります。※価格表の表示価格は「総額表示義務に関する消費税法の特例」に基づき、すべて消費税抜きの価格です。別途消費税を申し受けます。


技術

 当社のチャットボットは、会話型のユーザー インターフェースの設計と、モバイルアプリ、ウェブ アプリケーション、デバイス、ボット、対話型の音声応答システムなどへの統合を容易にする自然言語理解プラットフォームです。そして、テキスト入力や音声入力(電話や音声録音)など、複数の入力タイプを分析できます。また、テキストや合成音声など、いくつかの方法でエンドユーザーに対応できます。

1.リッチ レスポンス メッセージ

 プラットフォーム固有のリッチ レスポンス メッセージをサポートしています。これらのメッセージを使用すると、テキスト以外のレスポンスをエンドユーザーに提供できます。さまざまなレスポンス タイプを使用できます。たとえば、画像の表示や音声の再生を行うことができます。また、ボタンを表示することもできます。各プラットフォームは、使用可能なレスポンス タイプのサブセットをサポートしています。

2.テキストのレスポンス

 デフォルトでは、テキスト レスポンスはエンドユーザーにテキスト レスポンスを送信します。テキスト読み上げがエージェントで有効になっている場合や、インテント検出リクエストによってリクエストされる場合は、提供されたテキストが音声の合成と再生に使用されます。この場合、提供されたテキストで必要に応じて音声合成マークアップ言語(SSML)を使用できます。

3. 画像のレスポンス

 画像のレスポンスでは、エンドユーザーに画像を送信します。次のフィールドがあります。

4.音声合成のレスポンス

 音声合成のレスポンスは、テキスト レスポンスから音声を合成し、音声を再生するために使用されます。提供されたテキストで、必要に応じて音声合成マークアップ言語(SSML)を使用できます。

※なお、これらの機能についてはオプションでの対応となりますので、詳細はお問い合わせください。