補助金コンサルティング

補助金とは

 補助金とは、国が国の政策目標に適合する事業者の取り組みをサポートするために給付するお金のことです。国としては、補助金を交付することにより事業者の取り組みが円滑に進み、日本経済へ大きな効果をもたらすことを狙っています。

 補助金を交付されるには補助金についてよく理解し、申請書の作成をしなければなりません。

 

補助金活用ポイント

 補助金は下記3ポイントに留意することで有効に活用できます。

①補助金ごとに目的と仕組みがある

 補助金は、国の政策ごとに募集されますので、それぞれの補助金の「目的・趣旨」といった特徴を理解して自社の事業と合致する補助金を見つけないといけません。

②補助を受けられるのは事業全部または一部の費用

 補助金では、必ずしも全経費が交付されるとは限りません。自己負担がある場合もあるので、必ず事前に募集要項等で補助対象となる経費・補助の割合・上限額等を確認しておきましょう。

③補助の有無やその金額については審査がある

 補助の有無・補助金額は「事前の審査」と「事後の検査」によって決定されます。事前の審査には「申請」が必要です。自社の補助してほしい事業が補助金の目的や趣旨と合致しているとポイントをわかりやすくまとめて申請しましょう 。

 補助金は後払い ( 精算払い ) です。事業を実施した後に報告書等の必要書類を提出して事務局からの検査を受けなければなりません。そして、その検査で認められた金額を補助金として受け取ることができます。

 

コンサルティングとは

 補助金の交付を受けるためには補助金の内容をよく理解し、審査の加点ポイントを押さえて申請書を作成しなければなりません。更に、事業の報告書を事務局に提出して検査を受けなければなりません。

 弊社では、補助金を活用した事業を御社が円滑に遂行できるよう①申請書作成②事業実施③報告書作成④検査の4つの工程全てについて支援させていただきます。お気軽にお問い合わせください。