GCP導入支援

Google Cloud のクラウド(IaaS / PaaS / SaaS)の分類

SaaS (Software as a Service )とは、ソフトウェア、アプリケーションの機能をサービスとしてネットワーク経由で利用するモデルのことを言います。例えばメール、コミュニケーションツール、資産管理や監視といったソフトウェアを、自身のサーバーではなく、ネットワーク経由でサービスプロバイダーから利用する形態です。

PaaS ( Platform as a Service )とは、アプリケーション開発に必要な実行環境を利用するモデルのことを言います。アプリケーションのコードを実行するのに必要な言語のランタイムや、データベースなどのミドルウェアをサービスとして提供し、開発者はコードを記述することに専念することができます。

IaaS ( Infrastructure as a Service )とは、CPU 、メモリ、ストレージやネットワークといったコンピュートリソースを提供するモデルのことを言います。ユーザーはリソース構成を自由に選択して利用することができ、そのリソース上に任意のアプリケーションを構築することができます。

GCPの料金体系について

前払い金が不要

Google Cloud Platform (GCP)のご利用に前払い金なしで利用額に応じてお支払いができます。優秀なサービスを安価な料金でご利用いただくことが可能です。

量課金制

Google Cloud Platform(GCP) の料金は1秒単位の従量課金制でございます。 ご利用した分だけの利用料のご請求となるため、安心して月額のインフラ利用料を安く抑えることが可能です。

解約金が不要

サービスを無効にするだけですぐに課金もストップ可能なので、急な方針転換の際にも柔軟にご利用いただけます。

豊富な導入実績

株式会社RAIZINは豊富な導入実績を誇ります。 そのため、これまで培ってきたノウハウや経験から、GCP 導入に向けたサポートを安心して任せることが可能です。

導入後サポートが充実

株式会社RAIZINで GCP を契約した場合、無料サポート窓口が付帯しています。 支払いトラブルや障害発生など、万が一の場合にサポートを受けることが可能です。 これからGCPの運用を開始する企業にとって、サポート窓口の存在は大きなメリットです。